ゲノム編集食品が国内で解禁、安全性は?遺伝子組み換え食品との違いは?

TV番組

ゲノム編集食品という名前を聞いたことがありますか?

名前を聞いたことがある人や何となく知っているという人は多いかもしれませんね。

 

ところでそのゲノム編集食品が国内で解禁され販売が可能になるそうです。

10月1日より届け出制度の運用が開始され、ゲノム編集食品は届け出のみで販売できるようになり

安全性審査は不要になります。

早ければ一部の食品が流通を始める見通しなのだとか。

 

9月24日の「クローズアップ現代+」ではゲノム編集食品についての特集が組まれるようですね。

では、ゲノム編集食品とはどのようなものなのか、安全性は大丈夫なのか、似たような感じがする

遺伝子組み換え食品とは違うのか?

少し調べてみました。

 

聞いたことはあるね

ちょっぴり不安もあるかな

ゲノム編集食品

 

ゲノム編集技術はDNAを任意に切断する酵素を用い、ゲノムの特定の部位を改変できる技術です。

ゲノム編集食品とはこのゲノム編集技術を農作物や家畜などの品種改良に応用した食品のことなのですね。

 

例えば、甘くて傷みにくいトマト筋肉量の多いマダイなどの研究が進んでいます。

ゲノム編集食品の安全性は?

このゲノム編集という方法は結果から見ると、自然界で起こる突然変異や

化学物質やガンマ線を使った従来の育種技術で起こりうる変異と似ているそうです。

なので安全性では従来の品種改良農産物とあまり変わりがないのだとか。

しかも狙った場所を変異させられるため、従来の技術に比べ格段に効率的な品種改良が可能だということでした。

 

しかし、ゲノム編集にも問題がゼロというわけではないそうです。

研究者が作成するDNAを切断するための酵素が不適切な設計になれば、狙っている部分とは別の部分を

変異させてしまうかもしれません。

そのせいで予想外の作用がもたらされてしまうことも否定できないというわけです。

 

日テレドラマ

ゲノム編集食品と遺伝子組み換え食品の違いは?

遺伝子組み換えというのは特定の遺伝子のみを組み込む技術です。

ゲノム編集は特定の遺伝子のみを編集する技術となります。

 

遺伝子組み換えは全く類縁関係ではない遺伝子を組み込むという点が従来の

品種改良と違い、自然界では発生しない現象を実現できます。

 

ゲノム編集は遺伝子を切ったりつないだりし編集し、狙った性質の遺伝子だけを編集することができ

自然界でも起こりうる突然変異を意図的に起こさせるものともいえますね。

 

ただ現在はゲノム編集に関する情報が全く足りてないと思います。

「何か怪しいな」とか「遺伝子組み換えと似たようなものじゃない?」と思っている人も大勢いるでしょう。

まずは正確な情報を広めることが大事ですね。

 

(UMA)ネス湖のネッシーの正体はまさかの巨大ウナギ?
先日、未確認生物であるネス湖のネッシーの正体を科学者グループが突き止めて 後日発表するとのことでしたが、とうとう発表されました。 それは巨大ウナギとのこと。 ちょっと夢がないですね、あまり知りたくなかったかも。 ...
ちょっと一言

わかったようなわからないような

少し混乱が起きそうな感じもするね

 

コメント