【ガイアの夜明け】AIを駆使しがんを発見するシステムや涙で乳がんを発見する検査とは?

TV番組

6月4日の「ガイアの夜明け」では

がんを早期発見!命を救うニッポンの技術」が放送されます。

 

「がん」は日本人の2人に1人がかかる病気。

現在は新型コロナウイルスの影響もあり

がん検診の受診率は減ってきているそうです。

 

がんは早期発見されるほど、治る確率も高いと言われていますよね。

今、がんを発見する技術が驚くべき進化を遂げています。

AIを駆使して、内視鏡からでは見逃しやすい難しいがんを瞬時に発見するシステムや

涙一滴で乳がんを見つける検査まであるのだとか。

 

どのような技術なのでしょう?

少し調べてみました。

 

コロナだから成るべく病院も行きたくないしね

治療じゃなく検査だと今はいかないのかも

がん検診の受診率

現在は新型コロナウイルスが日本各地で猛威を振るっていて

緊急事態宣言が出ている地区もあります。

 

外出は自粛。

病院もできることなら行きたくないという人が増えているのか

がん検診の受診率も低下中なのだとか。

 

2020年はがん検診の受診者が30パーセントも低下。

2100ものがんが見つかっていない可能性もあるそうです

 

そのような中、がんを発見する技術は進化を続けているみたいですね。

AIで診断

がんを早期発見するために内視鏡やX線で撮影された画像ををAIで解析するシステムが

開発されています。

 

ベンチャー企業のプリファードネットワークスは京都府医師会などと共同で

AIに大量の肺がんの画像を学習させておいて

胸のX線画像から肺がんの恐れがある異常をAIで解析し見つけ出すシステムを開発しました。

 

国立がんセンターとNECは内視鏡で撮影した大腸の画像をAIで解析する

医療機器を開発

顔認証の技術を応用しているため、医者が見落としがちな

難しい腫瘍も発見できるそうです。

 

AIなどの進歩により、がん発見率も上がっていくのでしょうね。

涙で乳がんを発見

涙で乳がんがわかる技術も開発されています。

 

エクソソームはさまざまな細胞から放出される100ナノメートル程度の

大きさの細胞外小胞の一つ。

がん細胞から出るエクソソームは、がんの増殖や転移に関わることが

明らかになっています。

 

エクソソームを超高感度に検出できる測定法が開発されたため

涙の中のエクソソームを調べると乳がんかどうかがわかるのだとか。

この技術は2022年までの実用化を目指しています。

 

ガンは何より早期発見が大切だと言われています。

現在、病院に行きずらいという気持ちはわかりますが

手遅れになってからでは遅いので、普通に通えるようになってほしいですね。

 

【仰天ニュース】イケメンに多い病イケメン病の正体とは?佐藤健や相葉雅紀も発症
4月20日放送の「ザ!世界仰天ニュースウソみたいな本当&実はとんでもなく危険2時間スペシャル」では 「イケメン病」のことが取り扱われるそうです。 イケメンが多くかかるという恐ろしい病「イケメン病」 そのよう...
ちょっと一言

病院も怖かったりするしね

今の状況はね

コメント