殺人事件後整形を繰り返し15年間逃亡、時効成立の21日前に逮捕された福田和子の逃亡劇とは?

TV番組

毎日のように殺人事件のニュースが流れています。

そのなかには犯人が逃亡して逮捕されていない

という事件も少なくありません。

 

10月27日放送の「ワールド極限ミステリー」では

福田和子」の事件が扱われるようです。

 

福田和子は殺人事件を犯し

逃亡。

しかも整形手術を繰り返しながら15年間も

逃亡生活を続けていたのですね。

 

そして時効が成立する21日前に逮捕と

なったのです。

どういう事件だったのでしょう?

すこし調べてみました。

 

電話の録音が放送されたりしていたね

危ない、危ないだっけ?

福田和子

福田和子は1948年生まれ。

 

高校生の時には交際中の彼が事故死し

3年生の時に退学。

18歳の時に同性相手と強盗に入り服役しますが

このとき看守から強姦の被害にあっていたそうです。

 

出所後、ホステスとして働きますが

同じ店で働いていたナンバーワンのホステスの

自宅に行き絞殺

当時の不倫相手に「自分は裕福な家の出身」とうそを

ついていて、その嘘がばれないようにするため

ナンバーワンホステスの家の高級家具に目を

つけていたそうです。

 

現金や通帳などを盗み、現場に夫を呼びます。

夫には正当防衛を訴え、20キロほど離れた山に遺体を

埋めました。

 

事件から5日後、福田和子の家に警察から

電話がかかってきますが子供の声真似で返答し

家族にも別れを告げずに逃亡を開始。

 

福田和子が家を出た約2時間後に

夫は警察に重要参考人として連行されました。

逃亡生活

福田和子は家を出た後、石川県金沢市に移り

偽名を使いスナックで働いていました。

 

そのとき、犯行があった愛媛では

夫が犯行を自供し逮捕され

福田和子も全国指名手配されます。

逮捕も時間の問題かと思われていましたが

整形手術を行い逃走を続けたのです。

 

名前も次々に変え、和菓子屋の若旦那の内縁の妻となり

大胆にも自分の息子を甥と偽り一緒に

暮らしたりもしたのだとか。

 

途中で素性がばれ逮捕されそうにもなりますが

間一髪のところで逃走に成功。

福田和子は「7つの顔を持つ女」と呼ばれるようになり

怪しまれると場所を移動することで各地を転々として

行きました。

 

時効成立まで1年となった1996年には警察は

100万円の懸賞金をかけます。

日本の犯罪捜査で初めてかけられた懸賞金だったそうです。

逮捕

1997年、福田和子は福井市のおでん屋に

偽名で頻繁に通っていました。

その時店の女将がテレビで公開されていた

福田和子の話し方と似ていることに気付きました。

 

そこで店のビール瓶とコップを触らせ警察に渡すと

指紋が一致。

翌日、店を訪れた福田和子は逮捕され

14年と344日の逃走劇は終わりを告げました。

 

その後、自供し裁判で無期懲役が確定しましたが

2005年に刑務所内でクモ膜下出血で倒れ

57歳で息を引き取っています。

 

【(秘)衝撃ファイル】1981年の佐賀県水産会社社長保険金殺人事件、衝撃の替え玉殺人とは?
8月22日放送の「世界が騒然!本当にあった(秘)衝撃ファイル」では 「佐賀県で保険金狙いの殺人事件!?衝撃結末」が 放送されます。 1981年、佐賀県で海中から赤い車が引き上げられました。 その車の中からは水...
ちょっと一言

ドラマ化もされているよね

それだけ注目を浴びていたんだろうね

コメント