悪質フェイクニュース、メキシコやインドでは殺害される事件も!

TV番組

フェイクニュースという言葉、最近よく耳にしますね。

まあトランプ大統領がよく使っていてニュースで聞く機会が多い

ということもありますが(笑)

フェイクニュース、つまり嘘ニュースですね。

昔からあったとは思いますが、今はSNSなどにより拡散されすぐに広がるので問題になっているのでしょう。

 

福岡の博多駅前で道路陥没事故が起こった時には

福岡の陥没事故で出来た穴は放射能に汚染された土で埋められた

というフェイクニュースが流されたようです。

他に有名な物では「熊本地震で動物園からライオンが脱走」とか。

とくに地震などの災害時には広まる傾向があるみたいですね。

 

6月7日放送の「金曜プレミアム・池上彰SP」でもフェイクニュースを扱うらしいです。

海外ではフェイクニュースにより殺害された人もいるとか。

どういうことなのか調べてみました。

都市伝説なんかもある意味そうかもね

昔は人のうわさで時間をかけて広がっていったものが今では一周んで広まるね

メキシコでの殺害事件

2018年6月、メキシコのアカトランという町でこの事件は起こりました。

 

21歳の男性とその叔父の43歳の男性が井戸づくりの材料を買いにアカトランを訪れます。

その二人は地元住人に声を掛けられ「治安を乱した」ということで警察に警察署まで連行されました。

連行されたパトカーの後ろには何人もの人がついてきています。

 

実はこの日、メッセージ・アプリのワッツアップで「気を付けて!子供誘拐犯がこの国に入ってきた。誘拐犯たち

は臓器売買者でここ数日で、4歳、8歳、14歳の子供たちが姿を消し、体を引き裂かれた遺体となって発見されて

いる」と拡散されていたのです。

2人は小学校の近くで目撃されたことからも誘拐犯と誤解されます。

警察が「2人の犯罪は軽犯罪で誘拐犯ではない」と言ってもだれも聞く耳を持ちません。

襲撃

警察署の前には百人以上の人だかりができていて、「誘拐犯がここにいる」と煽っています。

なかにはSNSで警察署を生配信したり、鐘を鳴らして警察が2人を釈放しようとしていると

住民に警告したり、拡声器を使い2人に火をつけるためのガソリンを買うための寄付を集める

男もいました。

それから間もなく群衆は暴徒とかします

警察署の門を無理やりこじ開け、2人を引きずりだしたのです。

そこから何人もが携帯で撮影している中、凄惨なリンチが始まります。

そして最後はガソリンをかけて焼き殺したのです。

 

この事件では犯行を先導した疑いで5人、殺害の疑いで4人が訴追されてました。

5人の中には警察署をライブ配信していた者と鐘を鳴らした者、ガソリンを買う寄付を

集めたものがいました。

しかし残りの6人は逃亡中だそうです。

 

楽天マガジン

インドでの事件

インドでもフェイクニュースによる殺人事件が起こっています。

メキシコと同じくメッセージ・アプリのワッツアップで噂が拡散されたんです。

インドでの噂は子供を狙った「人さらいギャング」

バイクに乗った2人組が遊んでいた子供を抱きかかえて逃走する動画が拡散されたそうです。

それにより数百人の人さらいギャングが入国してきたと噂され、各地で無関係の人へのリンチが行なわれました。

家族連れが自動車での旅行中、地元の子にチェコレートを挙げたところギャングとされリンチを受け

65歳の女性が殺害されるという事件もあったそうです。

おそらく、この拡散により地元の人以外の人には恐怖心を抱いたのでしょう。

 

実はこの元となった人さらいの動画、インドの物ではなくパキスタンのもので

NGOが児童誘拐対策の啓蒙動画だったのです。

子供から目を離すとさらわれることがあるので気を付けてという注意動画だったのですね。

その動画はフェイクニュースとしてインドで広まり、何人もの人がリンチにあい殺害されました。

 

豊川信用金庫事件、デマから取り付け騒ぎが発生!原因は?
12月も中ごろに入ってきました。 45年ほど前の今の時期、デマから信用金庫が危機に陥った事件を知っていますか? 単なる世間話が周りに広がり、それで信用金庫の取り付け騒ぎにまでなったという事件であり、 全容が解明され...
ちょっと一言

恐怖心があると周りを守ろうとして危害を加えてしまうのかも

そういうときは落ち着くのが大事だと思うけど、冷静にはなれないんだろうね

 

コメント