エスパー伊東が芸人を引退し、芸術家へ。2003年には詐欺被害も。

時事

ハイ~ッ!

エスパー伊東さんの決めゼリフ?です。

数々の特殊能力の持ち主のエスパー伊藤さんですが、2018年限りで芸能界引退を宣言しました。

 

理由は股関節の痛み

元々トークは得意な方ではないし、体の痛みが出ると芸ができなくなりますもんね。

股関節が治ったらまた笑わせてほしい気もしますが、残念です。

そんなエスパー伊東さんですが、芸術家の側面もあるんですよ。

過去には詐欺被害にあったこともあります。

エスパー伊東さんの芸術家の顔、空に過去の詐欺被害など少し調べてみました。

 

エスパー伊東のバッグに入るやつは面白いよね

いろいろやって失敗するところとかも好き

 

エスパー伊東

エスパー伊東(本名 伊東万寿男)さんは1960年生まれで熊本県出身のお笑い芸人です。

初期は本名で活動していましたが、1991年の27時間テレビに出演したさいスタッフにエスパーと名

づけられました。

エスパーとつくのとつかないのでは、印象が全く違いますね。

エスパーの少し胡散臭い感じが笑えます。

 

TVでは「めちゃイケ」などで見かけることはありましたが、頻繁には見かけません。

ただ、営業や余興などでは大人気なんですよ。

結婚式に呼ぶときの単価は約20万円で、いままで5億円以上は稼いできたということ。

すごいです!

たしかにエスパー伊東さんが出てきたら盛り上がることは間違いなし!

 

ネタはたしかに余興向けと言えば余興向け。

有名なのがボストンバッグに入る高能力。

ちょこんと首だけ出ているのは驚きとともに笑いもこみ上げます。

あとは扇風機を舌で止める技や1分間梅干し30個食いなど。

いまのTVだと「絶対にマネをしないでください」と出そうなものばかり(笑)

 

TVに出ると高い確率で高能力技を失敗し、いじられる姿も見れなくなりますね。

まずは治療に専念し、気が変わったら戻ってきてほしいものです。

お疲れさまでした。

 

詐欺被害?

2003年に「有栖川宮詐欺事件」という詐欺事件がありました。

要するに皇族の継承者だとだまし結婚披露宴を開催、そこで招待した人から祝儀をだまし取っ

た事件です。

そこで多数の芸能人も招待され、エスパーさんもそのうちの一人でした。

招待客の一人の石田純一さんなんてそこでスピーチもしたせいで、首謀者の仲間と思われ逮捕寸前

までいったそうですよ。

本人はラジオのディレクターのお願いされただけと語っていますが。

 

事件後、著名人の人たちはイメージ悪化を恐れインタビューは受け付けません。

その中でエスパーさんは進んでインタビューをうけます。

祝儀として取られた3万円はマイナスですが、インタビューのおかげで営業の仕事がかなり増えた

うです。

災い転じて福となすですか?(笑)

お笑いの人だったらネタにもなりますもんね。

芸術家の側面

エスパー伊東さんには芸術家の側面もあります。

絵がうまいんですよ。

どうやら、若いころは漫画家を目指していたこともあるとか。

漫画家のアシスタントの経験や挿絵を描いた経験もあり

さらに第44回国際美術家大賞展で都議会議長賞という賞もとっています。

多才なんですね。

 

そういえば、芸人の方で絵を描く人って多くありません?

パラパラ漫画の鉄拳さんもそうだし、近頃話題のパラデル漫画を作っている人も

魂の巾着というコンビの本多修さんですね。

器用な人が多いんでしょう、コントや漫才などで構成を考えるのにも慣れているだろうし。

 

これからは芸術家としてのエスパーさんにも期待です。

ところで芸術家としてなら、名前を本名に戻すのでしょうか?

都議会議長賞を取った時は本名でしたが。

まあ、厳格な賞でエスパーと名乗るのも違和感がありますしね(笑)

少し寂しい気はしますが。

 

ちょっと一言

いつか復帰してほしいね

でも年齢が年齢だから、あまり遅くなると無理なんじゃ・・

 

 

時事
ランキング参加中♪

クリックしてもらえると嬉しいです(^^)

アッツをフォローする
アッツの知りたい情報秘密基地

コメント