「演歌の女王」の桂銀淑(ケイウンスク)の転落人生、そして現在は?

TV番組

桂銀淑さんは韓国出身で日本でも知名度のある演歌歌手。

過去には紅白歌合戦に7回も出場しているほどです。

しかし、ある時期を境に転落していきテレビで見かけることもなくなりました。

 

4月5日放送の「爆報!THE フライデー」で桂銀淑さんの壮絶な転落人生が

明らかになりようです。

どういうことから転落が始まったのでしょうか?

そして、現在は?

少し調べてみました。

 

ケイウンスクさんって久しぶりに聞いたな

逮捕されてなかったっけ?

桂銀淑

生年月日 1961年7月28日

出身地 韓国ソウル市

デビュー年 1985年

 

桂銀淑さんは1977年、高校生の時に韓国でモデルデビューを果たします。

CMキャラクターに抜擢されるなど2年間のモデル活動の後

1979年に「歌って踊って」で歌手デビュー、アイドル歌手として人気になり

ヒット曲が続きました。

 

来日したのは1984年

八代亜紀さんの「雨の慕情」などを作曲した作曲家の浜圭介さんに見いだされたのですね。

レッスン後の1985年に「大阪暮色」で日本デビューを果たします。

以後ヒット曲を連発し、1988年の「夢おんな」では日本有線大賞グランプリなど

数々の賞を受賞し、年末の「紅白歌合戦」に初出場することになりました。

ただし紅白歌合戦で歌った曲は「夢おんな」ではなく前年に発売さえた「すずめの涙」

でしたが、それから紅白歌合戦には7年連続の出場を果たしています。

1996年の事務所から独立後もコンサートツアーやテレビ出演など活躍していましたが

2001年あたりから急にテレビやラジオの露出がなくなったのです。

うたパス

トラブルの連続

2001年からは新曲のプロモーションも行わずにコンサートに専念していました。

本人は「テレビに疲れた」と語っていたようですが、背景には所属プロダクションとの

借金トラブルがあったのです。

借金により事務所との契約を解除され、借金の返済を求める裁判が行われていました

だから表立った行動はしていなかったのですね。

一時期は4億円もの借金があったそうですが、2006年に元所属事務所と和解。

 

トラブルが解決され、新アルバムも発表しテレビなどのメディアにも出演するようになり

完全復活もまじかと思われていたのですが。

 

2007年11月26日、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されてしまいます。

有罪判決を受け、ビザの発給を拒否されたことにより

2008年8月5日に韓国に帰国することになりました。

 

帰国後は韓国で歌手活動を再開し、日本の番組の取材を受けたりもしていましたが

2014年8月3日、詐欺罪で在宅起訴されます。

今回は高級外車をリース契約して、すぐにその車を担保に借金をし

リース料を支払わなかったということで告訴されてました。

さらに2015年6月24日に再び覚せい剤使用で逮捕されてしまいました。

現在は?

その2つの罪により、懲役1年2ヶ月と追徴金80万ウォンの実刑判決を受け

2016年8月末に満期出所。

現在は韓国で活動を再開し

カジノ主催の日本VIP向けディナーショーなども行っているそうです。

ただ、日本で覚せい剤で逮捕された後は日本に再入国が出来ていないみたいですね。

希代のワルともいわれ先日再逮捕もされた羽賀研二の手口とは?
征夷大将軍。 この言葉を聞いてだれを思い浮かべますか? 源頼朝、坂上田村麻呂、足利尊氏など歴史上の人物を思い浮かべる人 が多いのではないでしょうか? 中には先日、再逮捕された羽賀研二さんも来代が思い浮かぶ人も少なから...
ちょっと一言

覚せい剤かあ

薬物がらみだと再犯率も高くなるんだよね

 

コメント