DXでレミオロメンの藤巻亮太が語る名曲3月9日の誕生秘話とは?

TV番組

ロックバンドレミオロメンの楽曲「3月9日」、名曲ですね。

卒業式の定番ソングの一つになっているとか。

いろんな学校で歌われているようです。

レミオロメンは現在活動休止中ですが、ボーカルの藤巻亮太さんがソロで披露することもありますね。

 

ところでこの「3月9日」には誕生秘話があるのだとか。

8月15日放送の「ダウンタウンDX」で暴露するそうです。

どんな話なのでしょうね?

少し調べてみました。

気になるね

この曲、すごく流れていたよね

レミオロメン

生年月日 1980年1月12日

出身地 山梨県

身長 172cm

デビュー年 2000年

 

2000年に小・中・高の同級生の3人でレミオロメンが結成されました。

2003年にはミニアルバム「フェスタ」でインディーズデビューを果たし、

同年8月20日にシングル「電話」でメジャーデビューを果たします。

2005年11月には「粉雪」を発売。

この曲は沢尻エリカさん主演のドラマ「1リットルの涙」の挿入歌化として使用され

ドラマとともに大変話題となり着うたダウンロード数が100万件というヒットにもつながります。

2006年5月にはアルバム「HORIZON」がオリコンアルバムチャート初登場1位を獲得

これが初めての一位獲得となります。

その後もヒット曲を連発、2009年に発表した初めてのベストアルバム「レミオベスト」は

60万枚を超えるヒットとなりました。

レミオロメンは2012年2月1日に活動休止をホームページで発表。

メンバーはそれぞれソロ活動を開始しました。

3月9日

3月9日」は2004年3月9日に発売発売されたレミオロメンの2ndシングルです。

「粉雪」が劇中歌として使用されたドラマ「1リットルの涙」の中で学校の合唱の課題曲として

「3月9日」が使用され、再び人気が出て再びオリコンチャートに返り咲きました。

学生生活を思い出すような歌詞もあり、卒業ソングの定番ともなっています。

オリコンの10代・20代男女を対象に調査した、「卒業ソングランキング」では

2006年から5年連続の1位で、殿堂入りを果たしたそうです。

dヒッツ

3月9日誕生秘話

ボーカルの藤巻さんはレミオロメンの楽曲のほとんどの作詞、作曲をしています。

この曲もその一つです。

藤巻さんが誕生秘話を語るそうなのですが、どのような話なのでしょう?

 

現在は卒業式の定番ソングとなっている「3月9日」

実は卒業ソングじゃなくて元々は幼馴染の結婚祝いとして作った曲なんだそうです。

レミオロメンの3人とも同級生で友達、その人が結婚するってなった時に「曲をプレゼントしよう」

と作ったそうです。

曲名の「3月9日」はその友人の結婚する「サンキューの日」だったんですね。

その曲がドラマの効果から卒業ソングの定番へと変わっていきました。

そういえば卒業式の定番ソングの「贈る言葉」も元々は失恋ソングなんですよね。

 

曲というものは使われた場面、時代だったりで受け取られ方も変わってくるし面白いですね。

 

平成の時代にカラオケで一番うたわれた曲は一青窈のハナミズキ!
平成という時代も終わろうとしていますね。 この時代にカラオケでたくさん歌われた曲の一位が一青窈さんの「ハナミズキ」だそうです。 個人的にはあまりピンときませんが。 大爆発というのではなく、ずっと安定して歌われていたというこ...
ちょっと一言

今はどんな卒業ソングは流行っているんだろうね

卒業式でどんな曲を歌ったかで世代がわかるもんね

コメント