【消えた天才】唯一巨人のドラフト1位指名を蹴った小林秀一、その理由は?

TV番組

読売ジャイアンツ、読売巨人軍。

プロ野球の世界で一番影響力を持っているチームと言っても過言はないと思われます。

今よりもずっと影響力が強かった数十年前のプロ野球では巨人のファンなのか

それともアンチ巨人なのかというくら巨人中心でした。

なのでその巨人にドラフト一位で選ばれるということはとても名誉なことで世間からも注目を浴び

お金もたくさんもらえたことでしょう。

 

しかし、そのドラフト一位を蹴った選手が一人だけいました

その選手は小林秀一さん、1973年の出来事。

6月23日放送の「消えた天才」で放送されるみたいです。

なぜ、ドラフト一位で指名されたのに断ったのでしょう。

現在はなにをしているのかなども含めて少し調べてみました。

何で断ったんだろうね?

唯一ってとこがスゴイね

小林秀一

小林秀一さんは1951年4月20日に熊本県天草郡大矢野町で生まれました。

野球を始めたのは小学生のころ。

1967年に八代第一高等学校に進学、寮生活となり野球に励みます。

高校3年生のころには夏の甲子園の県予選を勝ち抜け、中九州大会に進みました。

当時はそういう地区大会があり、所属していた熊本県と大分県から優勝校の一校しか

甲子園には出場できなかったみたいです(記念大会では両県とも出場していた模様)。

中九州大会では決勝出た敗退して甲子園に進むことはありませんでしたが、「八代第一に小林あり」

と言われるほどの活躍を見せました。

 

その活躍が目につき愛知学院大学に進学

4年時にはエースとして活躍し、全日本大学野球選手権大会で準優勝となり

日米大学野球選手権大会の日本代表にも選出されました。

その活躍によりスカウトにも目を付けられ、ドラフトで指名されるようになるのです。

巨人からのドラフト一位指名を蹴る

1973年、小林秀一選手は読売ジャイアンツからドラフトで一指名を受けます

ドラフト当日は母校八代第一高で教育実習中で、父からの電話で指名されたことを知りましたが

一番初めに思ったことは「なぜオレが巨人に…」だったそうです。

なぜなら数球団から打診はあったものの、巨人からは挨拶はもちろん電話の一本もなかったから。

「天下の巨人軍の一位指名ならだれでも感激し入団するだろう」そんなことが感じ取られ

あまりいい気分はしなかったそう。

 

小林選手には夢がありました。

それは教員となり、アマチュア野球の指導者になること

しかし天下の巨人軍からの使命です、さすがに悩んでしまいます。

決意が決まったのは当時のジャイアンツの監督川上哲治監督が説得に来た時です。

「熊谷組に入るなら君は野球だけでなく会社の仕事もしなくてはならない。でも会社はほかの社員と

同じ仕事ができるとは期待していない。だったらプロで野球に取り組むべきだ」

その時に思ったのです。

自分は野球だけの生き方を選んでいない、それなら野球を本職にするべきではない

結局、小林秀一選手は巨人に入団せずに、内定していた熊谷組に入社することになりました。

マットレス訴求

その後

小林秀一選手はその後、熊谷組に8年間在籍し活躍します。

その後は愛知学院大野球部の監督へ就任し、念願だったアマチュア野球の指導者となりました

1991年の明治神宮野球大会では愛知学院大学はトーナメントを勝ち抜き初優勝を飾っています

現在は愛知学院大学の準教授として活動しているようです。

 

【野球】高卒ルーキーでデビュー戦ノーヒットノーランを達成した選手は近藤真市!
プロ野球、競技人口が減っているとか言われますがまだまだに人気は健在です! シーズンが始まると優勝争い、メジャーリーグの大谷選手の活躍など話題も盛りだくさん。 そういえば、日本ハムは新球場を建てる予定だそうですね。 ...
ちょっと一言

自分の夢を貫いたんだね

しかもちゃんと夢がかなっているもんね

 

コメント