【ニッポン行きたい人応援団】竹とたけのこを愛するアメリカ人デイヴィットの旅とは?

TV番組

5月2日の「月曜プレミア8 世界!ニッポン行きたい人応援団」では

ご招待で人生変わっちゃった!」が放送されます。

 

今回登場する人はアメリカのデイヴィットさん。

ニッポンの竹とたけのこを愛しているのだとか。

自分の農園でニッポンと同じ種類の竹を

50種類栽培しているそうです。

 

そんなデイヴィットさんは5年ほど前に

伝統的なたけのこの栽培方法を学ぶため

来日しています。

どんな旅だったのでしょう?

すこし調べてみました。

 

たけのこかあ

美味しいよね

デイヴィット

アメリカのノースカロライナ州在住の

デイヴィットさん。

4人家族で奥さんと2人の子供がいます。

 

ノースカロライナ州はニッポンとよく気候が似ていて

竹がよく育ち、農園で約5種類の竹を育てていて

防壁用などとして販売。

 

たけのこも好きなためピクルスにして

販売しているそうです。

 

デイヴィットさんは幸せな家庭を築きましたが

リーマンショックにより失業。

ニッポンの竹との出会いにより竹ビジネスを始めましたが

生活は苦しく、アメリカではたけのこを食べる習慣が

ないためピクルスはあまり売れないそうです。

 

デイヴィットさんは竹の仕事で家族を幸せにするため

ニッポンへご招待となりました。

山田農園

デイヴィットさんはニッポンへ到着後

京都へ移動。

どうしても行きたかったという竹林の道を見学します。

 

未来亭河原町三条店ではラーメンを味わい

メンマを堪能。

山田農園では念願のたけのこ掘りに挑戦しました。

 

山田農園は家族総出で朝から収穫し

販売所で最高級と言われる京たけのこを販売します。

 

たけのこ探しに挑戦するデイヴィットさんでしたが

ホリを使うには熟練の腕が必要です。

 

夕食は京たけのこを使った料理をごちそうになり

翌日はたけのこ掘りをお手伝い。

 

掘ったたけのこを直売所に運び

お昼ご飯は竹の皮に包んだおにぎりです。

 

そこからウェルカムサプライズとして筍亭という料亭で

たけのこのコースを味わい、山田さんとは

たけのこや竹とんぼをいただきお別れとなりました。

ホリ

次に向かったのはホリを専門に手掛ける職人の

熊本さんの場所。

ホリとは独特の鳥の長いくちばしのようなクワ

たけのこを傷つけないように掘り出すことができます。

 

熊本さんのご厚意でホリを頂いたデイヴィットさんは

「竹を愛する人に会えたことが何よりうれしい。

いつか家族とニッポンに住むことが目標」と

帰国の途につきました。

 

【ナゼそこ?】平均92.6歳京都の山奥古屋で暮らす3人のおばあちゃんの仕事とは?
9月17日放送の「ナゼそこ?」では「平均年齢92.6歳!京都の山奥に暮らすおばあちゃん3人組に密着!」が 放送されます。 平均年齢92.6歳ってすごいですね。 しかも京都の山奥の限界集落で3人で暮らしているそうです...
ちょっと一言

たけのこ用のクワがあるんだね

ホリっていうんだ

コメント