【チマタの噺】74歳の現役ダンサー田中泯、57歳で俳優デビューとは?

TV番組

ダンサー、そして舞踊家の田中泯さん。

74歳でも現役のダンサーということですから驚きですよね。

俳優としてのデビューも57歳とのこと。

 

7月24日放送の「チマタの噺」のゲストが田中泯さんでいろいろなお話をされるそうです。

なぜ57歳で俳優デビューをしたのかなど。

どいうことなのか少し調べてみました。

現役ダンサーってのがすごいよね

俳優を始めたのは何でなんだろ?

田中泯

 

生年月日 1945年3月10日

出身地 東京都

身長 180cm

田中さんはクラシックダンスやモダンダンスを学び、1965年に東京教育大学を中退。

1966年よりモダンダンサーとして多くの公演に出演していきました。

 

1974年からは従来のダンスやダンス業界に反発し、独自のダンスを開始

ありとあらゆる場所で自分の信じるダンス「ハイパーダンス」を展開していきました。

1978年にはパリ秋の芸術祭「日本の間」展に招待され、海外デビューを果たします。

1985年に山梨県の山村に移住し、身体気象農場を開設

晴れた日には農業、雨の日にはダンスを行い、農業とダンスの同時実践活動を開始します。

その後も日本や海外でダンスを披露し、数々の賞を受賞しました。

 

俳優業としては2002年の「たそがれ清兵衛」で初出演を果たし、第48回キネマ旬報賞新人男優賞、第26回日本ア

カデミー賞最優秀助演男優賞・新人俳優賞など俳優としても数々の賞を受賞しています。

ダンス

田中泯さんの今の肩書はダンサーまたは舞踊家です。

俳優、舞踏家とされる場合もあるけど、本人の希望として舞踊家(ダンサー)と

表記が必要な場合はしているそうです。

それだけこだわりがあるのですね。

 

子供の時に気が付いたら踊りの輪の中に入っていた。

胸騒ぎがしたり、血が騒ぐ、心が躍るとは何なのか、その謎がときたい。

芸術になる前の踊りを探りたいとのことだそうです。

 

哲学的ですね。

踊りというものは数千年前からあったものでしょう。

その原点とはなんなのでしょうか?壮大でもあり、単純でもあるような気がします。

ボディデザインプログラム

俳優デビューの理由

田中泯さんの俳優デビューは57歳の時

山田洋次監督の映画「たそがれ清兵衛」でのデビューです。

もともと「踊り」と「演じる」の境目みたいなものは一体どの辺にあるのか

というものにずっと興味を持っていたそうですよ。

そこで山田監督から話があったということです。

 

現在も俳優活動をしていますが、この役者の経験というものは踊りを続けていく上での

ものすごくいっぱいのヒントがあったようですね。

 

駆け出しの武田鉄矢を救った超大物俳優とは?なぜファンに塩対応?
俳優でもあり、歌手でもある武田鉄矢さん。 最近は福岡ローカルでもよく見かけます。 先日はテレビで海援隊の懐かしい歌を歌っていましたね。 たしかNHKの歌番組だったかな、たまたま見ていたのですが 三又又三さんの元ネタを...
ちょっと一言

最近もドラマに映画出ているよね

シブイんだよね

 

コメント