【所JAPAN】富山県高岡市はコロッケの街?大阪にはご当地コロッケの秘密が

TV番組

12月9日放送の「新説!所JAPAN」ではコロッケについて放送されるそうです。

 

コロッケといえば庶民の味。

お惣菜やさんなどでもついついつまみたくなりませんか?

 

現在はご当地コロッケが大人気なのだそうです。

サービスエリアなどで売られ、江の島名物のしらすブラックコロッケや長野の野沢菜コロッケ

神戸長田のぼっかけコロッケなど500種類以上もあると言われているのだとか。

 

全国のご当地コロッケ巡りも楽しそうですね。

数多くあるご当地コロッケですが、実は大阪の小さな工場が秘密を握っているとのこと。

 

他にも「コロッケの街」と呼ばれる富山県高岡市にも注目するみたいですよ。

今回のコロッケについて少し調べてみました。

 

コロッケいいなあ

一品あるといいね

コロッケの街

 

「コロッケの街」と呼ばれるのは富山県の北西部にある高岡市

人口は約17万人。

 

富山県はコロッケの購入額が年間約8億5千万円、1世帯あたりの購入額が約2300円という

日本一のコロッケ消費量をほこる県です。

 

なぜコロッケの消費量が多いのか?

そこには

・共働きが多い(お惣菜の購入が多く、代表的なコロッケも多い)

・持ち家が多い(台所を汚すことを嫌がる)

・北前船による交易が盛んだった(ジャガイモが多く利用される)

・学校給食によく出る

というような理由があるのではと言われています。

 

そこでコロッケによる高岡市のイメージアップを図ろうと高岡コロッケ実行委員会が発足。

ご当地グルメとして「高岡コロッケ」は有名となり、街のあちこちで

揚げたてのコロッケを食べることができるようになりました

ご当地コロッケの工場?

ご当地コロッケを庄司智春さんが調査すると驚きの事実にたどり着いたそうです。

実は全国のご当地コロッケ、揚げる前のほとんどのコロッケを製造している会社が大阪にあるのですね。

 

その会社とは合同食品株式会社

合同食品は1983年創業のコロッケ専門メーカーで、ご当地コロッケなどの

オリジナルコロッケを承っているのですね。

500個などの少数から発注できるため重宝されているみたいです。

 

ハイスピードプラン

全国コロッケフェスティバル

ご当地コロッケというと

全国のご当地コロッケが一堂に会するイベント

全国コロッケフェスティバルというイベントがあります。

 

今年は第7回で茨城県龍ケ崎市で行われ約5万7千人の人が訪れたそうで

北海道北見市株式会社グリーンズ北見の「たまコロ」が栄冠を勝ち取ったそうです。

 

美人大食いタレントますぶちさちよ、なぜ太らない?1か月の食費は?
11月26日の「ザ!世界仰天ニュース」は (細いのに超大食い女子達)が放送されます。 そこで美人大食いタレントのますぶちさちよさんが登場するようです。 過去にはミス鎌倉にも選ばれたという美人ですが 満腹になったこと...
ちょっと一言

コロッケもお祭りがあったんだね

楽しそうだし、おいしそう

コメント