【ありえへん】千葉県船橋市の真ん中にあるミステリーサークルの正体とは?

TV番組

12月21日の「ありえへん∞世界」では

「千葉スペシャル」があり

そこで「千葉県の船橋市には都会のど真ん中に

巨大なミステリーサークルがある事件」が放送されるようです。

 

ミステリーサークルというと昔よく畑などで

発見され宇宙人の仕業かもと話題になったりも

しましたね。

ほとんどがイタズラのようですが。

 

そのミステリーサークルが船橋市のど真ん中にある?

どういうことなのでしょう?

すこし調べてみました。

 

街の真ん中にあるの?

観光用?

船橋市

船橋市は千葉県の北西部にある市です。

人口は約65万人で千葉県で第2位。

 

古くから交通の要所として栄え

東京のベッドタウンとして発展。

南部は埋め立て地に作られた工業地帯や

大型の商業施設が多いのが特徴で

北部は県民の森やふなばしアンデルセン公園など

緑豊かな自然が広がっています。

 

ふなっしーも船橋市非公認ご当地キャラとして

有名ですね。

ミステリーサークル?

この船橋市の中央にはミステリーサークルが

あると言います。

普通、ミステリーサークルというと田園風景の

中などに出没する感じですが、船橋の

ミステリーサークルは町のど真ん中。

 

船橋の地図を広げると町の真ん中に

奇妙な円が描かれているのです。

これがミステリーサークル。

 

この円というのは実は道路なのですね。

綺麗にコンパスで描いたような円の道路。

その直径はなんと700メートルもあり。その道路を

一周すると約2.5km強という桁違いの大きさ。

 

なぜこのようなミステリーサークルができたの

でしょう?

軍の施設

実はこの場所にはかつて軍の施設が

あったそうです。

この近辺には旧帝国陸海軍の施設が

集まっていて

このミステリーサークルの場所には

船橋海軍電信送信所」という帝国海軍の

通信施設があったそうです。

 

電波を海外にも送受信するため巨大なアンテナが

たっていて数々の役割を果たしてきました。

 

太平洋戦争開戦前には巨大なアンテナ群が

完成し

有名な太平洋戦争開幕を告げる

「ニイタカヤマノボレ一二〇八」の電波もこの

場所から発信されました。

 

戦後は設備ごと進駐軍に接収され

時代が進み都市化も進んでいったため

無線ノイズが発生するなどし

通信所は移転することとなりました。

 

その跡地に団地がたち、敷地の外に合わせた

円形の外周道路ができたのだとか。

 

船橋送信所跡は平成20年に近代化産業遺産

認定されています。

 

宮崎県日南市の森林に巨大なミステリーサークルが、なぜその現象は起きた?
9月24日の「ナゼそこ? 秘境で暮らす人知りませんか&ナゼそこミステリー3.5HSP」 では宮崎県に出没したミステリーサークルが取り上げられるそうです。 ミステリーサークルといえば一時期話題になりましたね。 ...
ちょっと一言

元は軍の施設だったんだね

大きな施設だったんだろうなあ

コメント