【レベチな人、見つけた】10歳でドラム世界一になった天才少女CHITAAとは?

TV番組

6月15日の「 23時の密着テレビ「レベチな人、見つけた」」では

10歳で〇〇の世界一になった天才少女」が

放送されます。

 

東京都町田市に住む超ド派手なファッションの

女の子「CHITAA(ちた)」さん。

10歳で世界一になった天才少女なのだそうです。

 

実はドラムで大人に交じり世界一となったのですね。

その腕は海外のミュージシャンも認めるほど。

 

なぜドラムを始めて、世界一になれたのでしょう?

少し調べてみました。

 

世界一はすごいね

天才少女みたいな企画で見たことがあるかも

CHITAA

東京町田市在住の在間千旅さんこと「CHITAA」さん。

 

お父さんがドラマー、お母さんがピアノ教室をしているということもあり

1歳からスヌーピーのおもちゃのドラムをたたき始め

4歳半から川口千里さんなどを指導したこともある「手数王」菅沼孝三さんの

ドラムスクールに通い始め、10曲以上をマスターします。

 

インターナショナルスクールに通いながらめきめきと実力をつけ

全国各地のイベントに参加。

8歳の時から動画投稿を始め、その動画を見たドイツの通販会社のCMに出演することとなりました。

世界大会優勝

2019年8月、シンガポールでドラムの世界大会「DRUM-OFF GLOBAL」が

開かれました。

世界的なドラムの名手が審査員となり、バークリー音楽大学の卒業生など

世界中から腕に自身のあるプレーヤーが集まった大会です。

 

CHITAAさんは7月の予選を勝ち抜き、大会への出場権を獲得。

6人が駒を進めたグランドファイナルではコンテスト会場を沸かせ

35歳以下のガールズ部門で10歳で見事優勝

 

カテゴリー最年少出場で優勝という快挙だったそうです。

夢は?

CHITAAさんは英語が得意でPファンク(ファンカデリック・パーラメント)の

ドラマーであるベンゼル・ボルチモアさんと親交があるそうです。

 

将来は友達3人でシェアハウスをやってみたいという夢もあり

バンドを作ってボーカルでワールドツアーをしたい。」という

夢もあるそうです。

 

【激レアさん】ところかまわずサックスを吹きまくるサックス界の異端児ユッコとは?
12月14日放送の「激レアさんを連れてきた。」は 「所構わず突撃しサックスを吹きまくることで人生を変えてきた日本サックス界の異端児」が 放送されます。 サックスといえば木管楽器の一つ。 芸能界で言うと武田真治...
ちょっと一言

将来が楽しみだね

まだ11歳?だしね

コメント