昭和におきた五・一五事件では喜劇王チャップリンも狙われていた?

TV番組

喜劇王と言われたチャップリン

親日家だったそうですね、天ぷらが大好きだったとか。

そのきっかけは移民としてアメリカへ渡った日本人、高野虎市さんの影響がありました。

高野さんは1916年にチャップリンに運転手として雇われ後に秘書になります。

何でもこなす高野さんにチャップリンは感動し、使用人すべてを日本人に変えた

時期もあったそうです。

そんなチャップリンは生涯に4回来日していますが、最初の来日では命の危険がありました。

 

5月15日放送の「歴史秘話ヒストリア」で放送されますが

来日時期に起きた事件「五・一五事件」での標的にチャップリンも含まれていたそうです。

なぜチャップリンが標的でどうやって助かったのでしょう?

少し調べてみました。

世界的スターも標的だったんだ

チャップリンが殺されてたら歴史も変わっていたんだろうね

当時の時世

五・一五事件が起きたのは1932年、昭和7年のことです。

当時は世界大恐慌の時代で、日本も1923年の関東大震災、1927年の金融恐慌や1929年から

の昭和恐慌により不況に陥っていました。

都市部では銀行や会社の倒産が相次ぎ、特に農村部では生糸の輸出の激減や米の過剰により

大打撃を受け、子供の身売りや食糧不足に悩んだそうです。

さらに1931年には満州事変も勃発。

社会は不安定な状況を迎えていました。

五・一五事件

1932年5月15日、武装した海軍の青年将校たちが各地を襲撃し混乱させ

軍閥内閣を樹立して国家改造を行うというような目的でこの事件を起こしたといわれています。

海軍青年将校、陸軍士官候補生、さらには私塾の塾生たちを農民決死隊として組織し

行動にうつすことになりました。

襲撃した場所は首相官邸、警視庁、右大臣官邸、立憲政友会本部、変電所

三菱銀行など。

この事件では犬養毅首相が暗殺されたことで有名ですが、

実はもともと若槻前首相が襲撃対象だったそうです。

若槻前首相はロンドン海軍軍縮条約を締結した時の全権大使だったので

恨みがあったのでしょう。

しかし、若槻首相が一年足らずで総理を辞任してしまい、その怒りの矛先が

政府に向いてしまうことになりました

DMM.com

チャップリンも襲撃対象

この五・一五事件ではあの喜劇王チャップリンも標的だったといわれています。

チャップリンを暗殺し、日米両国の関係を悪くし開戦に持ち込もうとしたとか

チャップリンは1932年5月14日に初来日しています、五・一五事件の一日前ですね。

そのときにはなんと4万もの人が東京駅でチャッップリンを待っていたとか。

 

チャップリンは5月15日に首相官邸で行われる歓迎会に招待されていました

しかし当日。

チャップリンは相撲が観たい、天ぷらが食べたいと言って歓迎会を延期してもらったのです。

秘書の高野さんと親しかった元陸軍少将の櫻井忠温さんからの狙われているかもしれないという

忠告が役だったのか、それともチャップリンの勘が働いたのか。

チャップリンは被害にあいませんでした。

帰国の日の6月2日、首相官邸を訪問し犬養首相が暗殺された現場の弾痕を見て

チャップリンは「terrible(怖い)terrible」とつぶやいたそうです。

 

日高山脈で起きた悲劇、福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件とは?
今の時代でも熊が人里に出てくるということは時々あります。 過去には熊による悲惨な事故も起こっていました。 時は1970年。 福岡大学のワンダーフォーゲル部の学生が日高山脈を縦走しようとした最中に ヒグマに襲わ...
ちょっと一言

そのまま歓迎会にいっていたら危なかったんだね

人間はちょっとしたことで運命が変わるんだ

 

コメント