2025年は大阪・関西万博、日本で過去に行われた5回の万国博覧会は?

TV番組

2月12日の「世界ふしぎ発見!」では

「変わりゆく万博History!過去-現在-未来の物語」が

放送されます。

 

現在は中東のアラブ首長国連邦でドバイ万博

開かれています。

初めは2020年開催でしたが、コロナの影響により

一年延期に。

東京オリンピックと同じですね。

 

2025年には大阪・関西万博の開催も

決まっています。

日本では過去に5回万博が開かれていますね。

どんな万博があったのか少し調べてみました。

 

大阪万博とか有名だよね

太陽の塔ね

万博

第一回目の万博は1851年にイギリスのロンドン

開かれました。

日本が江戸時代の時期ですね。

 

日本で初めての万博は1940年に東京で

行われる予定でしたが、日中戦争が激化したため

軍部の反対やほかの国の参加が少なくなるであろうことから

中止となっています。

大阪万博

1970年に大阪府吹田市で日本万国博覧会が開かれました。

通称大阪万博

 

アジアで最初に開催された万博で

テーマは「人類の進歩と調和」

総入場者数は6422万人です。

 

アメリカ館に展示された月の石太陽の塔などが

話題を呼び、動く歩道など新しい技術もたくさん

導入されました。

沖縄海洋博

1975年に沖縄県国頭郡本部町で沖縄国際海洋博覧会が開かれました。

通称は沖縄海洋博

 

沖縄の日本本土復帰記念事業として

行われ、テーマは「海-その望ましい未来」

総入場者数は349万人。

 

人工島のアクアポリスなどに注目が集まりましたが

入場者数が少なく興行的に失敗。

しかし、跡地は海洋博公園として整備されています。

つくば万博

1985年に現在の茨城県つくば市で開かれた国際科学技術博覧会が

通称つくば万博です。

 

テーマは「人間・住居・環境と科学技術」で

入場者数は2033万人。

マスコットキャラクターはコスモ星丸です。

 

科学万博ということで自動翻訳システムロボット

ジャンボトロンという世界一大きなテレビなどに

注目が集まりました。

花博

1990年に大阪府の鶴見緑地で開かれた万博が

国際花と緑の博覧会。

通称花博です。

 

テーマは「花と緑と生活の係わりを捉え 21世紀へ向けて

潤いのある社会の創造を目指す」で

2312万人が訪れています。

マスコットキャラクターは花ずきんちゃん

 

世界の庭園を再現した国際庭園

世界最大級の花ラフレシアなどに注目が集まり

その後は「花博記念公園鶴見緑地」として

整備されました。

愛・地球博

2005年に愛知県で開かれた2005年日本国際博覧会。

通称は「愛・地球博」です。

 

テーマは「自然の叡智」で

入場者数は2204万人。

マスコットはモリゾーとキッコロ

 

マンモスの展示は大きな注目を浴びましたね。

長久手会場跡地にはモリコロパークという愛知県

最大級の公園が整備され、2022年には公園内に

「ジブリパーク」がオープンの予定です。

 

 

現在はコロナ禍のため開催されている

ドバイ万博は海外からの集客に苦戦しているみたいです。

大阪・関西万博が開かれるのは2025年。

その時には普段の生活に戻っていてほしいですね。

 

静岡県伊東市のまぼろし博覧会の館長セーラちゃんとは?作った理由は何?
1月7日の「ドキュメント72時間」では 「ゆめまぼろしのテーマパークへようこそ」が 放送されます。 静岡県伊東市にある不思議なテーマパーク。 そこは巨大な敷地の中に怪しげな置物や 昭和の時代の雑貨などが...
ちょっと一言

大阪多いんだね

万博が好きなのかな?(笑)

コメント