台風17号は1991年のりんご台風と似ている?りんご台風の被害は?

時事

9月19日午後3時に沖縄の南で台風17号「ターファー」が発生しました。

この大型の台風17号によって3連休は大荒れになるかもしれないといわれています。

 

そして、今回の台風17号の進路が、1991年の台風19号いわゆる「りんご台風」に

類似しているらしいのです。

では、りんご台風とはどのような台風だっったのでhそう?

少し調べてみました。

 

りんご台風って可愛い名前なのにね

被害が大きかったんだよ

台風17号

台風17号は発達しながら21日に沖縄本島に再接近し、22日に九州に近づく見込みです。

8月に大雨被害がった九州北部では再び大雨となる恐れがあります。

その後は日本海を北東に進み、23日には温帯低気圧に変わるとみられていますが、そのまま勢力を

落とさないまま北日本や北陸に接近する恐れもあります。

 

注意が必要です。

2004年新潟中越地震の奇跡の救出劇とは?助けられた皆川優太の現在は?
12月19日の「報道の日2021」の第2部では「今夜解禁!極秘メモが語るスクープの真相」が放送されます。その中で語られるのが2004年に新潟県で起きた中越地震での奇跡の救出劇。最近も地震が多いので何かと心配ですね。この奇跡の救出劇では2歳の

りんご台風とは?

りんご台風は1991年9月16日にマーシャル諸島の西で発生した台風です。

 

9月27日午後4時過ぎに中心気圧940hPaという非常に強い台風となり長崎県佐世保付近に上陸。

九州を横断、加速し日本海を北東に進み28日に北海道渡島半島に再上陸、オホーツク海へと出て

午後3時に温帯低気圧へと変わりました。

 

この台風は非常に強い勢力のまま、猛烈なスピードで北上したために雨や風が急に激しくなり

台風対策ができないところも多く、各地に甚大な被害を残し、死者・行方不明者62人、負傷者1,261人

という大勢の犠牲者を出すことにもなりました。

 

【逆転人生】西日本豪雨の時総社市下原で犠牲者が出なかった理由は?避難スイッチとは?
2月21日の「逆転人生」では「地域で防災力UP!西日本豪雨逃げ遅れゼロ」が放送されます。2018年、西日本豪雨が起きました。岡山県総社市の下原地区の集落でも大規模な水害が発生。工場が爆発事故を起こし、パニックになったりもしましたが住民たちは

 

りんご台風という名前

この名前は気象庁が付けた正式なものではありませんが、マスコミなどではこう呼ばれることが多いです。

その理由は全国一のりんご産地の青森県弘前市のりんごが甚大な被害を受けたから

 

この台風では青森市で最大瞬間風速53.9m/sの猛烈な風が吹いたため、収穫前のりんごが落下したり

りんごの木が倒れたり枝折れしたりして甚大な被害が出ました。

りんごの落下の被害も大きかったのですが、倒木などよりりんご農園の再生がままならず

長期的にも被害を被ったのですね。

 

被害面積は2万2400ヘクタール、被害数量は約38万トン、被害金額は約741億円にものぼると言われています。

この被害は一晩の間に受けたものでした。

 

 

今回の台風はりんご台風に比べると勢力は劣りますが、十分な注意が必要です。

 

404 NOT FOUND | アッツの知りたい情報秘密基地
好奇心旺盛なアッツがTV、トレンド、疑問、思いついたことなど書き連ねます
ちょっと一言

ちょうどりんごの収穫時期なんだね

被害が出ないといいけど

 

ランキング参加中♪

クリックしてもらえると嬉しいです(^^)

時事生活
アッツをフォローする
アッツの知りたい情報秘密基地

コメント