【極限ミステリー】コロナウイルスを予言したインドの天才少年アナンドとは

TV番組

3月3日放送の「ワールド極限ミステリー」では

新型コロナウイルスの予言を的中させた最強預言者のことが特集されるようです。

 

今回、人気YouTuberナオキマンが紹介する人はインドの天才少年アナンド君

なんと今全世界で大きな被害を及ぼしている新型コロナウイルスの発生を予言していたそうです。

すごいですね。

 

さらに新種のウイルスが来るとも予言しているようです。

これはコロナウイルスの変異株のことだったのでしょうか?

アナンド君は今後のウイルスによるパンデミックを生き残るため必要なことも発言していました。

それは基本的なこと。

どういうことなのでしょう?すこし調べてみました。

 

すごい占い師なの?

占星術師なんだって

コロナを予言

インドの占星術師の少年、アビギャ・アナンド君が

新型コロナウイルスの発生を予言していたと大きな話題になっています。

 

アナンド君は2019年8月にYOUTUBEに「2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機

という動画を投稿。

その内容は2019年11月からウイルスパンデミックが発生する

航空業界などが経済的に危機に陥る

2020年7月あたりには収束してくるが、12月から3月にかけて

世界で同時に新種のウイルスが発生するなど、予言してたのですね。

アナンド君

アナンド君は2006年生まれのインド出身

 

5000年以上もの歴史がある「ジョーティシュ占星学」を使っています。

多くの人から神の子と言われ、7歳でYOUTUBEのチャンネルを開設。

 

コロナ関連の予言的中以降は鑑定料もインドの大学初任給の半分の20000円と言われ

YouTube動画の使用料金は1回150000円。

 

人気タレントのようになっていて、町全体がアナンド君フィーバーとなっているそうです。

対策は?

アナンド君は今後のウイルスパンデミックを生きぬく方法も語っています。

 

それは基本的なことでした。

有機野菜やウコンなどを食べ、根本的な免疫欲を上昇させるということです。

栄養と睡眠をたっぷりとって、健康的に生きましょうということでしょうね。

 

将来、薬も全く効かないウイルスが出てくることもあるかもしれません。

その時は自分自身の免疫で対抗するしかないのです。

 

【カンブリア宮殿】「ヤシノミ洗剤」などのサラヤがコロナで躍進、その取り組みとは?
10月22日の「カンブリア宮殿」では「“消毒"で世界を救え!ヤシノミ洗剤の会社が大活躍の秘密」 が放送されます。 今回の特集で登場するのは「サラヤ株式会社」 日本初の薬用石鹸液や植物由来の「ヤシノミ洗剤」など、創業...
ちょっと一言

最終的には自分は自分で守ろうということなのかな?

はやくおさまってほしいね

コメント