【ふしぎ発見】奇跡のアマゾン、沸騰する川、水没ジャングルとは?川崎水族館ではアマゾンに出会える?

TV番組

6月5日の「世界ふしぎ発見!」では

奇跡のアマゾン ネイチャーミステリー」が放送されます。

 

アマゾンといえば南アメリカ大陸のアマゾン川流域に広がる熱帯雨林

世界最大の面積を誇る熱帯雨林で半分以上は

ブラジルにあります。

アマゾン川は全長6500キロ、高低差は6000メートル、そして支流は1000を超えるという

世界最大級の大河です。

その広大なアマゾンにはいろいろな不思議があるそうです。

 

沸騰する川水没ジャングル

さらに日本でもアマゾンの生き物たちに出会えるというレジャースポットが昨年

開館したそうです。

 

どういうことなのか少し調べてみました。

 

不思議が多そうだね

人間が入ったことがない場所もあるんじゃないの?

沸騰する川

アマゾンには沸騰する川があるそうです。

温泉のような感じ?

場所はペルーのアマゾンの中央部にあるジャングルの奥深く。

 

この川は最初は冷たい流れから急に熱くなりだんだんと冷えていくのだとか。

温度も最高では90℃以上。

生き物が川に入り、茹でられ死んでしまうこともあるそうです。

 

川の全長は9キロあり下流の6キロが熱くて乾季の時には

命を奪ってしまうほどの高温となります。

なぜ川が沸騰するのかというと、地熱によって温められた水が地下深部から極めて速いスピードで

上昇してきているからなのですね。

水没ジャングル

アマゾンの熱帯雨林には雨季と乾季があり

乾季では陸地だった場所も雨季では川が増水して

水深が10メートルほど上昇してしまうため、ジャングルが水没してしまう場所も出てきます

 

その場所には多くのサルが生息していて

白い毛に真っ赤な顔のシロウアカリは 水没ジャングルの限られた場所だけにすむ

とても珍しいサルなのだそうです。

川崎水族館

川崎駅前にある「カワスイ 川崎水族館」ではアマゾンの生き物たちに

出会うことができるそうです。

 

アマゾンゾーン」というエリアがありアマゾンの熱帯雨林を再現していて

屋内ですがジャングルを探検しているような気分も味わえます。

音響や照明、ポンプを使ってのスコールや雷雨、濃霧などの再現もあり

「古代魚ピラルク」や「オニオオハシ」、「カピバラ」や「ナマケモノ」も

いるみたいですね。

 

【ナゼそこ?】アマゾンの秘境で暮らす日本人中山茂、15年以上も暮らす理由は?
12月17日には「ナゼそこ? 秘境で暮らす人いませんか&世界で発見したナゼそこ日本人2HSP」が 放送されます。 その中でアマゾンの大秘境で暮らしている日本人が紹介されるようです。 その人は中山茂(なかやま...
ちょっと一言

見学だけじゃなく体験できるんだね

おもしろそう

コメント