【仰天ニュース】秋葉原無差別殺傷事件とは?実行犯加藤智大の弟にも悲劇が

TV番組

10月5日放送の「仰天ニュース4時間SP」では

秋葉原無差別殺傷事件!男はなぜ殺人を犯したのか?

犯行までの衝撃の2週間に迫る!」が

放送されます。

 

秋葉原無差別殺傷事件

この事件は2008年に起きた無差別通り魔

殺傷事件です。

 

秋葉原の交差点にトラックで突っ込み

トラックから降りた後も無差別に殺傷を

繰り返した事件はテレビのニュースやワイドショー

でも大きく取り上げられ

世間の関心となりました。

 

この事件は多くの犠牲者を生み

実行犯の加藤智大の家族にも

悲劇が降りかかることとなります。

 

どういう事件だったのか少し調べてみました。

 

似たような事件もあったよね

無差別だから怖いね

秋葉原無差別殺傷事件

事件が起きたのは2008年6月8日。

 

午後12時30分過ぎ、東京・秋葉原の歩行者天国だった

中央通りに信号を無視して2トントラックが

侵入。

 

次々と人を撥ね、停車中だったタクシーに接触し

トラックは停止しました。

その後トラックの中から運転手の加藤智大が

降りてきてダガーという刃物で次々と

通行人を襲っていき、歩行者天国は地獄絵図に

 

加藤は逃走しますが追いかけた警官に

逮捕されました。

この事件では7人が死亡

10人が重軽傷を負うという大勢の犠牲者が

出ています。

犯行の動機

なぜ犯人はこのような凄惨な事件を

起こしたのでしょう?

 

事件当初は犯人は派遣でいくつもの職を

転々としていて、事件が退職直後に起きたことから

労働環境が厳しく、将来に希望が持てない

格差社会の問題などで犯行を起こしたのではないかと

言われていましたが、本人は否定。

 

犯人の加藤は当時、インターネットの掲示板を複数

利用していました。

掲示板に依存していて、自分の空白の時間の

掲示板で埋めていたそうです。

 

その掲示板に加藤を装った成りすましの荒らしも

出てくるようになります。

掲示板は家族のような存在にまでなっていて

そこに自分の偽物が現れ

自分が偽物扱いされるという状況になったそうです。

 

そこで自分はここにいるというアピールと

成りすましへの心理的な攻撃のため

報道されるほどの大事件を起こすことを決意します。

 

そして掲示板に

車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフを使います

みんなさようなら」などと犯行予告を書き込み

事件を決行することとなりました。

AbemaTV 無料体験

弟は自殺

7人が死亡

10人が重軽傷を負うという惨劇。

 

実行犯の加藤は逮捕され、裁判で死刑が

確定しています。

犯行前から別居していた両親は離婚。

幼いころスパルタ教育を行っていた母親は

精神病院に入院

父親は事件で職を失い引っ越すこともなく

他者とかかわらずに夜中も電気をつけず

ロウソクで生活しています。

 

弟は職を転々とすることとなり

彼女との結婚も相手の親に猛反対され

2014年に28歳という若さで自ら死を選びました。

 

【仰天ニュース】2013年に起きた「グアム無差別殺傷事件」とは?
1月7日の「ザ!世界仰天ニュース」では2013年2月に大人気リゾート地で起きた 悲劇が取り扱われるようです。 この大人気リゾート地とはグアム。 ここで無差別殺傷事件が起きたのです。 一人の男が次々と襲...
ちょっと一言

犯罪は被害者だけでなく自分の周りの人も傷つけるんだよね

みんなが苦しむ

コメント