【激レアさん】サハラ砂漠を1000キロ走るアドベンチャーマラソンランナー北田雄夫とは?

TV番組

5月10日放送の「激レアさんを連れてきた。」では

サハラ砂漠を1000km走ったりアラスカを500km走る競技『アドベンチャーマラソン』を完走するため

無茶苦茶なトレーニングを繰り返している人」が登場します。

 

そのような場所を走るマラソンがあるのですね。

しかも数百キロという長距離。

厳しいトレーニングが必要なのでしょうね。

 

今回登場するアドベンチャーマラソンランナーは北田雄夫さんです。

どのような人なのでしょう?

すこし調べてみました。

 

数百キロって

しかもきちんと舗装されてるところじゃないようだし

アドベンチャーマラソン

アドベンチャーマラソンとはどのようなマラソンなのでしょう?

 

アドベンチャーマラソンは灼熱のサハラ砂漠や密林のジャングル

極寒のアラスカや険しい山岳地帯など地球の果てを走る

世界で最も過酷なレースなのだそうです。

 

厳しい自然環境の中、食料や寝袋、サバイバル道具などを自分で運びながら

チェックポイントをたどり、ゴールを目指します。

北田雄夫

北田雄夫(きただたかお)さんは1984年に大阪府に生まれます。

 

中学生から陸上を始め、中学校・高校と成績を伸ばしていき

大学生の時には4×400mリレーで全日本陸上競技選手権3位という成績を残しました。

大学卒業後は大手化学メーカーに就職し、一度運動をやめましたが

再び興味を持ち、トライアスロンやフルマラソンなどを始めます。

 

しかし、結果は出ず初のフルマラソンは4756位。

100キロのウルトラマラソンはタイムオーバーとなってしまいました。

 

それでも様々な競技を続け、結果が出てくるようになり

2014年、30歳のころにアドベンチャーマラソンに出会います

日本人初7大陸のレースを走破

会社を辞めとトレーニングに励みますが、周りからは理解されず貯金は激減。

さらに過酷なレースにより、熱中症、凍傷、感染症にもかかってしまいます

 

それでもあきらめず、レースを続けた結果

2017年に日本人として初めて「世界7大陸(「アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ

オーストラリア、南極)で行われたアドベンチャーマラソン走破」という

偉業を達成

 

現在はまだ誰も成し遂げていない「世界4大極地の最高峰レース走破」に挑んでいるそうです。

2021年にはアラスカで行われた「Iditarod Trail Invitational」を日本人初走破。

5位となりました。

 

ソウルオリンピックのマラソン選考会で代表を逃した悲劇の男とは?
9月11日「マラソン グランド チャンピオンシップ 東京五輪代表を懸けた運命の決戦へ」と いう番組が放送されます。 9月15日に「マラソン グランド チャンピオンシップ」というマラソン代表の選考会が 行なわれるのでマラソン...
ちょっと一言

あとは砂漠、ジャングル、山岳かな?

一つでもとんでもないけどね

 

 

コメント