ゴルフの渋野日向子が練習ラウンドを途中キャンセル、急性副鼻腔炎とは?

スポーツ

この夏一番と言ってもいいスポーツ界の明るいニュース。

プロゴルファーの渋野日向子選手が全英女子オープンで優勝して約3週間ほどたちました。

フィーバーも少し落ち着いてきたでしょうか。

渋野選手が食べてたお菓子「タラタラしてんじゃね~よ」が話題となったり大騒ぎで

彼女自体も少し疲れている様子でしたし。

 

そんな渋野選手ですが、国内の女子ツアー「ニトリレディス」を前に27日の練習ラウンド

を体調不良のため、途中キャンセルしたのです。

前日に歯が痛くて歯科医で診察を受け、そこでは蓄のう症の疑いと言われていて

今朝には38度5分の発熱もありました。

今日は軽めのパット調整のみでコースを出て病院での診察では「急性副鼻腔炎」と診断を受け

本日は安静にし28日のプロアマ戦、29日からの本戦出場に向けて回復に努めるそうです。

 

では、急性副鼻腔炎とはどのような病気なのでしょう?

少し調べてみました。

疲れもたまっているだろうしね

マスコミの対応にも慣れてないだろうから

渋野日向子

渋野選手は1998年11月15日生まれ。

小学生の時にゴルフと出会い、ソフトボールと両方始めます。

中学2年生からはゴルフ一本に絞り、「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」の中学生女子の部で

3連覇を果たすなど結果を残していきました。

 

2018年7月27日にプロテストに合格

2019年にはRSK山陽放送のゴルフ番組に出演したのが縁となり所属契約を結びます。

 

海外での初試合となった「全英女子オープン」では目標を予選突破としていましたが優勝

日本人女子のメジャー優勝は樋口久子さん以来42年ぶり、2人目の快挙となりました。

 

急性副鼻腔炎

では渋野選手がかかった急性副鼻腔炎とはどのような病気なのでしょう?

 

鼻の内部を鼻腔といいます。

鼻腔の周りには副鼻腔と言われる4つの空間があるのですが

この空間内で炎症が起きている状態を副鼻腔炎と言われます。

風邪を契機に発症することが多い病気なのだとか。

「蓄のう症」は正式な医学用語でなく「俗名」で慢性副鼻腔炎のことなんだそうです。

 

 

渋野選手は前日、歯が痛くて歯科医に言ったそうですが

副鼻腔と歯の根あたりが非常に近いので歯が痛いと思うこともあるそうです。

 

急性期の症状としては鼻づまり、ドロッとした鼻水、頬・花周辺の痛み、発熱などが

あります。

治療

急性副鼻腔炎は細菌感染で副鼻腔の粘膜が炎症を起こすので

抗菌薬を投与します。

他にはたまった膿を出しやすくするための去痰剤熱や痛みの対処として

解熱鎮痛剤も使用することがあるようです。

 

たけし軍団のグレート義太夫が緊急手術、何の病気なの?
たけし軍団に所属しているお笑いのグレート義太夫さんが緊急手術をするようです。 最近はテレビではあまりみかけなくなりましたが、寄席でギター漫談や落語などもしているようですね。 そういえば、義太夫さんは人口透析をしていたような記憶が...
ちょっと一言

渋野選手疲れていて風邪をひいたのかもね

早く治ってほしいね

 

コメント