【激レアさん】40歳でJリーガー、43歳でキックボクサーになった安彦考真とは?

TV番組

1月31日の「激レアさんを連れてきた。」では

40歳でJリーガーになるという無謀な夢を叶えたあと

無謀にも43歳でプロのキックボクサーに挑戦した人」が

放送されます。

 

Jリーガーというとプロサッカー選手。

40歳でサッカー選手になるというだけですごいのに

43歳でキックボクサーにもなるとはどういうことなのでしょう?

ずっと夢を追い続けている人なのかもしれませんね。

 

この人は安彦考真(あびこたかまさ)さんです。

どういう人なのか少し調べてみました。

 

すごいね!

両方プロ?

安彦考真

安彦考真さんは1978年生まれで神奈川県出身。

 

幼いころからサッカーをしていて

チームではレギュラーでも選抜には入らないくらいの

実力だったそうです。

 

高校3年生の時にはブラジルに留学。

19歳の時にグレミオ・マリンガというチームとプロ契約を

結びますが、開幕直前に前十字靱帯を断裂して

帰国。

 

帰国後はJリーグの清水エスパルスやサガン鳥栖の

入団テストを受けますが、他のテスト生の高校生にボールを

奪われたりして自信を喪失。

不合格となり、23歳でサッカーを引退しました。

 

その後は指導者やサラリーマンとなり

年収1千万円を稼いでいた時もありましたが

サッカーを辞めてから15年間、後悔を抱えていました。

 

ある日、なまった体を動かそうとジムに行ったことにより

再びサッカー熱が燃え上がることになります。

Jリーガー

ジムに行くとトレーナーに「素晴らしい筋肉もってますね」と

リップサービスされ、それを真に受けたことをきっかけに

Jリーガーになることを決断します。

 

会社を辞め、クラウドファンディングで資金を募り

社会人のチームに入団。

2018年には水戸ホーリーホックに練習性として参加し

月1円の10カ月契約というプロ契約を結びました。

チームに打ち解けいい影響も与えたようですが

自身は試合に出場することなく、1年で契約満了。

 

その後、Y.S.C.C.横浜に年俸120円で入団。

41歳でプロデビューを飾り、2020年のシーズンで現役を

引退しています。

キックボクサー

安彦さんはY.S.C.C.横浜での最終戦での引退セレモニーで

格闘家転向を表明。

 

元K-1王者の小比類巻貴之さんの道場を中心に練習を積み

2021年4月には「EXECUTIVE FIGHT~武士道」で

デビュー。

現在は3連勝中で「RIZIN」出場を目標に

しているそうです。

 

【A-Studio+】女優岸井ゆきのはキックボクシングを経験、20代で中学生役も
3月19日放送の「A-Studio+」には 女優の岸井ゆきのさんが登場します。 岸井ゆきのさんといえば現在、注目の女優さん。 高い演技力により注目されていて、映画にドラマ、舞台にCMと 大活躍中です。 ...
ちょっと一言

チャレンジャーだね

いつかRIZINで見ることになるかも

コメント