【爆報】下町社長がカメラを9台設置し空き巣を逮捕、衝撃の犯人とは?

TV番組

11月27日の「爆報!THE フライデー」は「本当にあった衝撃の逮捕劇」が

放送されます。

 

今回取り上げられる事件は下町社長vs空き巣犯

2度も空き巣に入られた人が自分の家にカメラを9台も仕掛け

罠を張り、空き巣犯を捕まえた話

しかも、犯人は驚きの人物でした。

 

どのような事件なのでしょう?少し調べてみました。

 

3回も空き巣が入ったってこと?

同じ犯人なのかな?

空き巣

兵庫県加古川の自営業戸村さんは空き巣の被害にあっていました。

しかも2回、2016年12月と2017年6月です。

被害総額は145万円

室内には不審な指紋は残ってなく、警察の捜査でも犯人は特定できませんでした。

 

そこで戸村さんは罠を仕掛けます。

おそらく3回目も来るのでは?と考えていたのでしょう。

 

20万円をかけて防犯カメラを9台購入

台所や居間、玄関などの目立たないところに防犯カメラを設置し

光が出ないように細工もし、カメラを壊されそうになった時のために

センサーで防犯ブザーが鳴るようにもしました。

 

そこまで怒りに震えていたのでしょう。

再び空き巣が

2017年9月、仕事から帰宅すると普段よりふすまが開いていることに気づきます。

 

調べてみると封筒に入れていた札束や貯金箱、金庫がなくなっていました

が、それは罠だったのです。

封筒に入っていたのは100万円札のメモ帳。

貯金箱にはゲームセンターのコインをいれていて、金庫には5円玉2枚だけ。

 

そこでカメラを調べてみると、鍵がかかっていた玄関をドライバーでこじ開け

部屋を物色する高齢の男性が写っていました

 

その日は犯人に逃げられてしまったため

警察に映像を提出し、近所に犯人の聞き込みを行います。

その日以降は成るべく仕事を減らし、犯人を待っていました。

 

ハイスピードプラン

犯人は?

犯人の撮影から約一か月半後。

犯人に似た人物が家の周りをうろうろしていたので、呼び止めることにしました。

 

逃げようとしたので「警察に突き出す」と問いただすと

犯人は「なんでわしが警察にいかんなんの?!」とシラを切ったので

防犯カメラの映像を見せると「勘弁してください」と観念。

 

これまでの関与を認めた犯人はなんと81歳の男性でした。

昭和28年以降から空き巣を続けているという大ベテランで

300件以上も犯行を繰り返していたそうです。

 

盗んだお金はギャンブルに使ったということで

犯人の親族に一部弁償してもらい、防犯カメラの設置費用も含め回収できてはいませんが

自力で犯人を捕まえたということで戸村さんは達成感に満ちあふれていたそうです。

 

【爆報!THEフライデー】1年間に3回も強盗に入られた家、その驚きの理由は?
11月13日の「爆報!THEフライデー」では「警察ミステリー&埼玉県警vsリアル万引き家族」が 放送されます。 その中で一年に3度強盗に入られた家の話が出てくるようです。 一年間の間に3回も強盗? 普...
ちょっと一言

犯人が罠にかかったときはやってやったって気分だったんだろうなあ

お金はかかったけどね

コメント