大予言?1999年9月9日、金閣寺前に900人が集まった目的とは?

TV番組

ノストラダムスの大予言」を知っていますか?

1999年7の月に恐怖の大王が来て人類が滅亡する、、みたいな感じの予言です。

過去に本が出版され大ブームとなりました。

どうせ滅亡するんだからと1999年7月直前に遊びまくった人もいたとか。

すごい影響力があったようです。

 

で、その予言の日の少し後1999年9月9日に900人もの人が金閣寺に集まったことがありました。

4月30日放送の「ザ!世界仰天ニュース」で放送されるようです。

何があったのでしょうね?滅亡を阻止する集会?

少し調べてみました。

オカルトブームがあったっていうもんね

「ノストラダムスの大予言」の本が発売されたのもブームの時期かな

ノストラダムスの大予言

ノストラダムスはフランスで生まれた医師であり占星術師でもあります。

1503年生まれですから日本でいうと室町時代でしょうか。

生前たくさんの著書を残していて、海外でも話題となっています。

 

日本でブームとなったのは1973年

作家の五島勉さんが「ノストラダムスの大予言」を出版してから、日本でもこの名が

知れ渡るようになりました。

この本はノストラダムスの予言を五島さんが解釈した本でベストセラーとなり、

日本人のノストラダムスのイメージとなっています。

特にインパクトがあったのは「1999年7の月に恐怖の大王が来るだろう」という予言。

1970年代は大気汚染の問題が深刻となったり、冷戦下での全面核戦争の不安などもあり

終末ブーム」といものがあったそうですね。

それで信じた人も多かったとか。

 

この本では予言の内容にこじつけやノストラダムスの話に伝説や創作などフィクション

もありましたが、長い間語られずノストラダムス=1999年の世界滅亡みたいな感じになって

いました。

この予言というものがあいまいですから、解釈しようと思えばどんな風にも解釈できるので

はなかったのでしょうか?

1999年も何事もなく過ぎましたし。

 

そうそう、作者の五島さんが少し前にテレビのインタビューで謝ってました。

「まさか子供が読むとは思わなかった。これを信じた子供たちは怖くなったり悩んだりもして

ご飯も食べられなくなったかもしれない。それは謝りたいと思う。」

話題性があり映画化も

ノストラダムスの大予言」は当時社会現象となり、現在でも影響力があるほどなので

当然映画化もされました。

1974年のその名もズバリ「ノストラダムスの大予言」です。

丹波哲郎さんや由美かおるさんが出演している映画で、環境破壊により放射線が降り注いだり

天変地異が起きたりで世界が崩壊していくというパニック映画ですね。

ちなみに文部省推薦映画となっています。

 

ただ内容は放射線により食人鬼になったり、ミュータントになったり、大ナメクジや巨大化植物が

登場してきたりカルト映画と呼ばれる側面もあるみたいです、この年の邦画興行収入第2位を記録

したそうですが。

この映画は食人鬼や異形のミュータントの描写にクレームがあったりして

現在でもソフト化はされていないそうです。

wowow

金閣寺の前に700人

ちょっと前置きが長くなりましたが本題です。

ノストラダムスの大予言の後、1999年9月9日に金閣寺に700人もの人が集ったそうです。

これに音楽グループ「チューリップ」が関係していました。

そう、「サボテンの花」などで知られるチューリップ。

 

昭和50年代前半からチューリップのリーダーの財津和夫さんがライブで

地球が残っていて日本が平和だったら1999年9月9日9時9分9秒に金閣寺に集まりましょう

と合言葉のように話していたそうですよ。

1999年9月9日の金閣寺では30~40代の女性ファンを中心に900人ほど集まり、

チューリップも4人集合(一人はインド在住で来れず)

サインをしたりしたのち、近くのホールに移動。

ミニライブやトークショーのイベントが開かれたみたいです。

~年に集合とか、~年に再結集とかちゃんと守られるっていいことfですね。

無茶振りに応え続ける演歌歌手上杉香緒里はプロレスにも参戦!
音楽業界では様々なキャンペーンを行っています。 握手会や写真撮影などもありますね。 かなり体を張っているキャンペーンを行っている歌手の人も存在します。 しかも女性演歌歌手。 その人の名前は上杉香緒里さん。 ...
ちょっと一言

ノストラダムスの予言が外れることを願って言ってたんだろうね

ホント、はずれてよかったよ

 

コメント