【ありえへん∞世界】ロシアで6歳の子供が車を運転?しかも130キロで走行、母親は?

TV番組

8月2日の「ありえへん∞世界」では

衝撃映像33連発!九死に一生&激カワ動物…新常識」SPが

放送されます。

 

その中で「子どもが時速130kmで運転!?衝撃カーチェイス」が

紹介されるようです。

子供が時速130キロで運転って車ですよね。

大人でも早いと思いますし、何歳かによって全然違うと思いますが

どうやらこの子供は6歳のようです。

 

これは2019年にロシアであった出来事かもしれません

どういう事なのか少し調べてみました。

 

子供が130キロ?

無事だったの?

タタールスタン共和国

ロシア連邦の一つであるタタールスタン共和国

人口は約380万人です。

 

ロシアでロシア人の次に多いタタール人の大半が暮らしている

と言われていますね。

タタール人はイスラム教を信仰している人が多く

文化もイスラムの国と似ているところがあるそうです。

 

タタールスタン共和国は石油やガスなどの天然資源が豊富で

ITb運矢を中心に急速に成長しています。

子供が130キロ

SNSにある動画が投稿されました。

 

それは車が時速130キロで走っている動画

場所はタタールスタン共和国の高速道路で

制限時速は120キロ。

10キロのオーバーですね。

 

かなり飛ばしていますが、周りに車は見当たりません。

ハザードランプはオンになっています。

 

スピード違反も問題だと思いますが

一番の問題は運転手。

この130キロの車を運転している人物は

6歳の子供なのです。

投稿者は母親

この子供が130キロで車を走らせている動画を

投稿したのは誰でしょう?

 

この動画を投稿したのはなんと29歳の母親

4人の子供がいて6歳の子もその一人です。

 

普通だったら注意したり叱ったりすると思いますが

この母親はその逆。

この動画をSNSに投稿したことにより

他の人たちから批判が相次ぎますが

母親は「運転が上手な息子を誇りに思う」や

息子に運転させたことに後悔していないし

あなたたちのつまらないコメントは必要ない」と

コメントしたのですね。

 

事故が起きたら息子さんも亡くなる可能性もあるし

他の人たちを巻き込む可能性だってあります。

免許も持ってないでしょうし、6歳で足が届いたんですかね?

 

この母親は過去に乳児を膝に乗せたまま運転したことで

避難されたこともあり

地元の警察や児童保護サービスが調査に乗り出しているそうです。

 

【ありえへん】ピレネー山脈で遭難、国境を越えようとした衝撃の理由とは?
7月28日の「ありえへん∞世界」では「衝撃映像&本当にあった!世界の衝撃事件」が 放送されます。 その中でピレネー山脈で遭難してしまった男性のことが取り上げられるそうです。 ピレネー山脈はフランスとスペイン...
ちょっと一言

事故起こさなくてよかったけど

SNSに投稿もよくわからないね

コメント